コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーの効能/珈琲成分がもたらす健康効果まとめ!

コーヒーの効能をまとめています。朝のひと時に、仕事の合間のティータイムに、午後のコーヒーブレイクに・・・コーヒーは今や私たちの生活の一部に根付いています。ですがコーヒーの効能について考えてみたことはあまりないのではないでしょうか。

 

高血圧や低血圧の予防・改善

コーヒーに豊富に含まれているカフェインは血の巡りを良くする効果があります。これにより代謝が促進され低血圧や高血圧の予防・改善に効果を発揮します。

 

利尿作用

カフェインには利尿作用があります。利尿作用を促すことは体内の老廃物を排出するのに効果的です。

 

ストレス解消

コーヒーの香りや特有の苦みは心身をリラックスさせてくれてストレス解消に大きな効果を発揮します。

 

二日酔い防止

コーヒーのカフェインは二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解してくれる効果があります。

 

糖尿病予防

ハーバード大学の発表によると1日1杯のコーヒーを飲む人は飲まない人と比較して糖尿病になる確率が33%も低くなるのだそうです。

 

ダイエット効果

コーヒーのカフェインはエネルギー代謝を良くしてくれます。これによって脂肪が燃焼しやすくなります。ですがコーヒーを飲むだけではダイエット効果は薄くあくまで運動による脂肪燃焼効率を高めるものと考えましょう。

 

がん予防の可能性

まだ明らかなガン予防効果が立証されているわけではないものの、国際ガン研究機関(IARC)が長年の追跡調査の結果コーヒーに直腸がんや結腸がんを予防する働きがあることを発表したのは有名な話です。

 

動脈硬化予防

コーヒーに含まれるニコチン酸はコレステロール値を下げる作用を持ち、動脈硬化の予防に効果を発揮します。※ニコチン酸というのは煙草に含まれるニコチンとは別物です。

 

虫歯予防

コーヒーを飲むことで口腔内のバクテリアの繁殖を抑えてくれて、虫歯の原因である酸を中和してくれます。

 

記憶力向上

コーヒーを1日2杯以上飲む人は長期記憶に優れている傾向にあるという報告もあります。

 

うつ病予防

コーヒーを1日4杯以上飲む人は飲まない人に比べてうつ病の発症率が低くなることがわかっています。抗酸化物質の影響である可能性が考えられています。

 

覚醒作用

コーヒーのカフェインは中枢神経を刺激して脳を覚醒させてくれます。コーヒーを飲んだら頭が冴えて眠気が飛ぶのはこのためです。ただデメリットでもあり、睡眠前に飲むことで睡眠障害を起こしてしまう可能性もあります。

 

 

上記がコーヒーの効能のすべてです。基本的にブラックコーヒーだろうがエスプレッソだろうが同様の効能を得られるはずですので、コーヒーが好きな方は是非積極的に飲むことをおすすめします。

<スポンサードリンク>

コーヒーの成分

コーヒー(珈琲)に含まれる栄養成分とそれらの特性について解説しています。

 

カフェイン

コーヒーの成分で最も代表的かつ有名な成分ですね。コーヒーの成分は?ときかれ誰もが「カフェイン」と即答するのではないでしょうか。コーヒーだけでなく紅茶や緑茶にも含まれているアルカロイドと呼ばれる化合物の一種です。

 

ポリフェノール

コーヒーに豊富に含まれるクロロゲン酸はポリフェノールの一種です。コーヒーの5〜10%ほどがクロロゲン酸でありあの苦みやこおばしい香りはクロロゲン酸のものといわれています。

 

※ちなみにポリフェノールには色々な種類があり例としてあげれば以下のようなものです。
赤ワイン:アントシアニン
お茶:カテキン
豆乳:イソフラボン
ココア:カカオポリフェノール
キウイ:クエルシトリン

 

コーヒーオリゴ糖

コーヒーオリゴ糖はドリップした後の珈琲に含まれる成分で、主に整腸作用により腸を綺麗にする効果をもっています。

 

 

これ以外にも糖類やアミノ酸、たんぱく質や脂質なども含まれていて、これらの成分は焙煎されることによって化学反応を起こします。

 

結果として焙煎後の豆には数百種類もの成分が含まれるのです。

 

コーヒーに現れる特有の味や香りは焙煎の過程によって糖類やアミノ酸が生じることによるものです。

 

そしてクロロゲン酸がこれらの分子と一緒に加熱されると、コーヒー色になるわけですね。

<スポンサードリンク>

コーヒーの豆の種類

コーヒーの豆の種類の一覧を紹介しています。

 

コーヒー豆の種類一覧

コーヒー豆の種類を主な産地別にまとめると以下のようになります。

 

■メキシコ産
■グァテマラ産
■ジャマイカ産
■キューバ産
■コスタリカ産
■コロンビア産
■ベネズエラ産
■ブラジル産
■ハワイ産
■ケニア産
■タンザニア産
■インドネシア産
■ベトナム産

 

それぞれの産地で違った特徴がありますが、同じ産地であってもさらに焙煎方法によってで味は違ってきます。苦みや酸味、コクなどはまさに数千数万のバリエーションがあるのでお気に入りのコーヒーが見つかったら焙煎名や産地を覚えておくといいですよ。

 

ブレンドとストレートの味の違い

ブレンドというのは複数の豆をブレンドさせて味の調和を楽しむものです。それに対してストレートというのは豆の味そのものを知りたい場合におすすめです。

 

エスプレッソってなに?

エスプレッソというのは専用のポットを用いて沸騰直後のお湯で粉(細かく挽いたコーヒー豆を)を一気にこすことで、粉からコーヒーを抽出する方法のことです。味が濃い目なのが特徴です。

 

アメリカンコーヒーってなに?〜苦みが少ない理由〜

アメリカンコーヒーというのはアメリカ流で浅く焙煎したコーヒーのことです。味・苦みが薄いのが特徴です。こういった特徴は焙煎度が低い豆を使うことが理由です。一般的にはミルクや砂糖をいれずにブラックコーヒーの状態で飲みます。

<スポンサードリンク>

コーヒーの起源

コーヒーの起源については諸説あります。その中でよくみる3つの説を紹介しています。

 

山火事説

山火事の後に残ったコーヒー豆を煮出して飲んでみたら、普通に美味しい飲み物だったというもの。

 

山羊説

エチオピアの羊飼いの山羊がうれしそうにコーヒー豆を食べていることから、飲み物にできるのではと飲んだのが始まりという説。

 

シーク・オマール説

イスラム教聖職者のシーク・オマールが国から山中に追放され、食べ物もなく途方にくれていたころに見つけた赤い実からスープを作ったのが始まりという説。

 

コーヒーノキの最初の生産

ただコーヒーノキの原産地に関してはエチオピアという説が有力みたいです。

 

その後ヨーロッパ各国がこぞってコーヒーの輸入を開始し、順次アジア各国にも広がっていきました。

 

日本にコーヒーが伝わったのは?

日本にコーヒーが伝わったのは18世紀に長崎の出島にオランダ人が持ち寄ったのが最初だという説が最も有力です。

 

本格的に輸入が開始されたのは1856年ごろからの話です。1864年には外国人居留置の西洋人向けの珈琲店も開店しました。

 

ただコーヒーが日本に伝わってしばらくの間はあくまで上流階級の飲み物という扱いで一般層に広がることはありませんでした。


健康 ダイエット 珈琲の成分 珈琲の種類 美味しい珈琲 砂糖・ミルク 器具の選び方 副作用